コラム

寺島さんに最優秀女優賞

第60回ベルリン国際映画祭の授賞式が20日夜(日本時間21日朝)開かれ、若松孝二監督の映画「キャタピラー」に主演した寺島しのぶさん(37)が、日本人として35年ぶりに最優秀女優賞を受賞した。

 世界三大映画祭の一つとされる同映画祭では1964年に左幸子さんが、75年に田中絹代さんが同賞に輝いており、日本人3人目の快挙。

「キャタピラー」は日中戦争から復員した傷痍(しょうい)軍人と妻の関係を通し、戦争の矛盾を描いた作品。寺島さんは、両手足を失った夫の世話に追われる妻を熱演した。日本では8月に公開予定。

 授賞式では、既に帰国した寺島さんの「このような賞がいただけたことを感謝し生涯の宝物にします。いつかすべての国の戦争がなくなることを祈ります」とするメッセージを、若松監督が読み上げた。(共同)

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/360031/

おめでとう。

コラム

アバターがタイタニック抜き世界新

 3D(立体)SF映画「アバター」(ジェームズ・キャメロン監督)の世界興行収入が18億5500万ドル(約1670億円)以上となり、史上最高記録を更新したことが26日、分かった。これまでの1位は、同じキャメロン監督による「タイタニック」(1997年)の18億4290万ドル。

配給元の20世紀フォックス映画によると、「タイタニック」が約1年半かけて達成した記録を、公開後わずか39日間で塗り替えた。日本での興収は、70億円を突破している。


http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/movie/350418/

まだ見ていないので、早く見に行きたいですね。

コラム

カンヌ国際映画祭で板尾創路、レッドカーペットに登場

13日(日本時間14日)に開幕した第62回カンヌ国際映画祭。「ある視点」部門に出品された是枝裕和監督の「空気人形」が14日上映され、是枝監督と主演の韓国女優、ペ・ドゥナ(29)や板尾創路(45)らがレッドカーペットに登場した。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/254160/

板尾スゴイ!



Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。